佐賀県の伝統工芸品から着想を得た激辛料理を味わえる「辛サガアツイ食堂」が20日から、佐賀県庁に期間限定でオープンします。鹿島市に伝わる伝統工芸の浮立「面」と「麺」をかけたつけ麺など、ユニークなメニューが楽しめます。


 県庁地下1階の「SAGA CHIKA」に2月3日まで(2月1、2日は除く)開設。期間中は全5品を提供し、いずれも辛さのレベルは6段階から選べます。浮立面を載せたお盆で提供する「浮立麺」(600円)や、みやき町白壁皿山地区に伝わる「白石焼」の素朴さや温かさを焼き豆腐で表現したマーボー豆腐(500円)など、見た目でも楽しめます。それぞれのメニューで、武雄市のブランド豚「若楠ポーク」やありたどりといった県産食材を使っています。


 会場内には、記念写真を撮影するための巨大な鬼型パネルやこたつシートを設置。弓野人形の絵付けや名尾手すき和紙のうちわづくりのワークショップも開かれます。


 企画は、桜の花びらのプールに埋もれながら佐賀の地酒を楽しめる「サクラチルバー」などを手掛けたパーティークリエイターのアフロマンスさんで、さが県産品流通デザイン公社が主催します。9時半~20時(料理の注文は11時半~19時)。問い合わせは同社、電話0952(20)5601。

このエントリーをはてなブックマークに追加