想像力。 この言葉がかつてないほど大きく、僕の中で意味を持ち始めています。 小さな頃から絵ばかり描いてきた僕ですが、アイデアや発想というよりも、何かを見て描くのが得意でした。 大きくなってからも、デッサンや細密描写が大好きでした。