明治の噴火、地震に向き合う 1995年1月の阪神大震災から25年。自然災害からの負傷者救護に尽力したリーダーの思いに触れる。佐野常民記念館の企画展は、日本赤十字社初代社長を務めた佐野がたどった災害救護の足跡をたどる資料など82点を集めた。