第三章 疾風怒濤(六十六) 慶喜は名を捨てて実を取り、見事に四百万石余に及ぶ徳川家の領土を守り抜いたのだ。 ――土佐藩にできたことが、どうしてわれわれにできなかったのか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加