2019年1~12月の佐賀県内の110番通報受理件数は4万9230件(いたずらや間違い電話を除く)。そのうち、外国人からの通報が約130件と前年(約70件)の約1・8倍に増加した。

 県警通信指令課によると、外国人からの通報は、半数近くが交通事故に関する内容。通信指令室の職員らが対応するが、15年からは多言語コールセンターを介した三者通話での対応を始め、昨年、コールセンター通訳を介した件数は24件で、前年より10件増加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加