七福神に扮して各家庭に福を呼び込む小中学生=有田町下南山地区

 正月の恒例行事で有田町の重要無形民俗文化財「南川良子ども七福神」が6日、同町下南山地区で開かれた。少子化で今年から女子も参加し、恵比寿(えびす)や弁財天などに扮(ふん)した15人が民家約100軒を訪れて、家内安全や商売繁盛を祈った。

 江戸時代から伝わるとされ、従来は中学男子で行い、少子化に伴って小学男子も加わっていた。しかし、今年は小中合わせて6人に減少。先導役の宰領と七福神に加え、提灯(ちょうちん)持ち、げたそろえの各2人の最低計12人が必要なため、女子小中学生も仲間入りした。

 子どもたちは墨汁で眉やひげを描いて、裃(かみしも)や着物姿に。げたを鳴らしながら「七福神の入りー」と声を張り上げて家々を訪問。座敷で口上を述べながら、小づちで床を打ったり、張りぼてのタイを釣り上げたり、琵琶をかき鳴らしたりする所作を披露し、最後に宰領が豆まきをして福を呼び込んだ。

 宰領を務めた有田中3年の岩永柊太朗さんは「後輩たちの手本になるように心掛けた。七福神が長く続いてほしい」。同3年で弁財天役の鵜池愛梨さんは「女子も参加できてうれしい。いい記念になった」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加