第三章 疾風怒濤(六十四)

       十六
 慶応三年(一八六七)六月初旬、いよいよ閑叟(かんそう)が佐賀を出発した。二十七日には入京したものの、到着するや病状が悪化したため、誰かと会える状況ではなくなる。そのためしばらくの間、快復に努めねばならなかった。
 ようやく慶喜との面談が叶ったのは七月十九日。場所は二条城である。だが緊張からか急に体調が悪化し、慶喜と酒食を共にすることもできず、早々に引き揚げることになる。
 つまり大政奉還を説くどころではなく、「長州への寛大な措置」を願うだけにとどまった。
 慶喜から議会制民主主義についてどう思うか下問された時も、「まことに上下の意思を一致させるのに、これほどよき政体はないと思うが、機密漏洩(ろうえい)の危険性は高い」と否定的見解を示した。さらに慶喜から「力になってほしい」という打診を受けたものの、閑叟は「長崎警固専心」を繰り返し、中央政局に乗り出すそぶりを示さなかった。
 二十一日には伊達宗城と松平春嶽が、見舞いのため閑叟の泊まる妙顕寺を訪問したが、閑叟の顔色は冴えず、政治的な話をすることはできなかった。
 この時、宗城は「閑叟兄とは五年ぶりだったが、実に老衰しており驚いてしまった」と書き残している。
 二十七日、病状が好転した閑叟は大坂城で再び慶喜と相対するが、この時は英国公使のパークスや通詞(つうじ)のアーネスト・サトウが将軍に面談するという趣旨だったので、慶喜と親しく会話することはできなかった。
 そこまでは致し方ないことだったが、この面談後、閑叟は突然「帰る」と言い出した。病身の閑叟にとって中央政局に乗り出すことは重荷以外の何物でもなく、新たな政体の主導権を握るにしても、その責任を全うできないと判断したのだ。かくして閑叟は、呆気なく京を後にすることになる。
 幕末の動乱にあって文久二年、元治元年、そして慶応三年と三度の入京を果たした閑叟だったが、中央政界に及ぼした影響は微々たるものだった。
 この入京行に同行した久米邦武(くめくにたけ)から委細を聞いた大隈は、落胆を隠しきれなかった。だが時代が変わっていく予兆は閑叟にも伝わっていたらしく、呼び出しを受けた大隈は、閑叟から江戸を視察してくるよう命じられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加