懐かしの名画4本が500円で鑑賞できる「優秀映画鑑賞会」が10、11日、武雄市文化会館で開かれる。

 市、文化庁、国立映画アーカイブの主催で、毎年この時期に開いている。今年は「隠し砦の三悪人」(1958年)、「曉の脱走」」(50年)、「悪名」(61年)、「嵐を呼ぶ男」(57年)の4本で、三船敏郎や池辺良、勝新太郎、石原裕次郎ら永遠の名スターの作品が楽しめる。

 2日間とも午前10時からで、10日は「隠し砦の三悪人」から4本、11日は1日目と逆の順で「嵐を呼ぶ男」から上映する。チケットは2日間通し券で、半券を使って再入場できる。問い合わせは武雄市文化協会、電話0954(23)5166。

このエントリーをはてなブックマークに追加