西洋の聖堂や城(じょう)塞(さい)を思わせる磁器オブジェで飛躍を遂げた。曽祖父の代から続く陶芸家の系譜を継ぐ辻拓眞さん(27)は昨年「築~KIZUKU~」と銘打つシリーズで、日展で初入選を果たし、日本現代工芸美術展で現代工芸新人賞を受賞した。「日展入選は子どもの頃からの夢。