西村雄一郎さん

 佐賀市の映画評論家・西村雄一郎さん(68)のNHKラジオ番組「日本映画の黄金期を支えた監督とスターたち」が8日から放送される。映画監督と、その監督と関わりがあった俳優の逸話を紹介する。

 初回は黒澤明監督と三船敏郎をテーマに、2人のやりとりや撮影のエピソードを語る。西村さんは「2人の愛憎や撮影の裏話など、一般的に知られていない出来事を紹介したい」と話す。小津安二郎監督と原節子、溝口健二監督と田中絹代、木下恵介監督と高峰秀子を取り上げる回もある。

 NHKは今年、三船敏郎と原節子の生誕100周年を記念して日本映画を振り返るラジオ番組を制作、黒澤監督やその作品を学生時代から学び、著書もある西村さんを起用した。

 西村さんは映画雑誌「キネマ旬報」のパリ駐在員や映像ディレクターを経験し、現在は佐賀大学特任教授を務めている。『映画に学ぶビデオ術』『黒澤明 音と映像』など多くの著書があり、佐賀新聞では「西村雄一郎のシネマトーク」を40年以上連載している。

 番組は全12回で、NHKラジオ第2放送で水曜午後8時半から同9時まで放送される。

このエントリーをはてなブックマークに追加