前日に「春高バレー」初勝利を挙げて2回戦に臨んだ女子の鳥栖商は、優勝候補の京都橘に真っ向勝負を挑んだ。結果は0-2のストレート負けだったが、チームは「持てる力を出し切った」とすがすがしかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加