世界にひとつだけの、笑顔をつくりたい。

私は、「美容に関係する仕事に就きたいと考えているがそのために専門学校に通う決心がつかない人たち」をターゲットに広告を制作しました。中央に大きく配置したのは、美容室で髪を切られている場面をクレヨンで描いたイラストです。子供が、将来なりたい職業に胸を躍らせながら描いたというイメージで作り上げました。なぜこのように子供が描いた絵をメインにしたかというと、ターゲットとした人たちに、夢を抱き始めた頃のキラキラとした気持ちを呼び起こしてもらいたいと考えたからです。そして、ターゲットの揺れ動く気持ちに働きかけ、前向きに決心を固めていただくことができるように配慮しました。

キャッチコピーには、学校で学ぶことができる技と心で誰かを笑顔にしてほしいという願いをこめました。また、ただの笑顔ではなくて「世界にひとつだけ」の笑顔という表現にすることで、「今広告を読んでいるあなたにしか作れない笑顔があること」を強調しました。

学校に興味を抱いた人が気軽にアクセスできるように、右下にバーコードを配置しました。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加