美しさは作れる

今回は、美容専門学校をイメージした新聞広告作りという事でキャッチコピーは「美しさは作れる」に決めました。新聞広告のデザインと背景を考えている時に真っ先に思い浮かんだのがレースの柄でした。

私から見た美容という職業のイメージは、綺麗になりたい人・自分を変えたいと思う人達の願いを叶えてくれる、つまりお客様を綺麗にするお手伝いをするお仕事だと考えました。そのイメージと絵柄に似合う色といえば、ピンクや黄色といった明るい色合い、また薄い青・桃色の柔らかい色合いだと考え、広告の原画に薄い色を使ってみました。背景も美しさがテーマと考えた時にレースがピッタリだと瞬時に浮かんだので背景の一番後ろに入れました。

今回のターゲットは高校生に限らず社員の方々も幅広く入学してほしい、入学者を増やしたいとの事で新聞広告に使った色は全体的に楽しい明るさを入れつつも一部分のデザインに柔らかめで落ち着いた色をさりげない感じに入れてみました。また、美容専門学校の広告という事だったので可愛い・楽しい・綺麗の3つの言葉を使いこの広告を見た人がおもわず「可愛い!」と言いたくなるような広告を作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加