カモミール緑茶を開発した徳永ヴェラさん=嬉野市の徳永製茶

 「スロベニアの雰囲気や文化を取り入れた、親しみやすいお茶を作りたい」-。欧州のスロベニア出身で、嬉野市嬉野町の「徳永製茶」3代目おかみを務める徳永ヴェラさん(40)が、母国で広く飲まれているというカモミールティーに嬉野茶を混ぜ合わせた「カモミール緑茶」を開発した。緑茶離れが進む中、「興味を持つきっかけになれば」と話す。

 カモミールティーはハーブティーの一種。約9カ月間、試行錯誤を繰り返し、2019年の秋ごろに完成させた。「お茶の香りの見極めが難しく、何度も試飲した」と振り返る。甘い香りが特徴で、日本茶インストラクター協会などが主催する「日本茶アワード2019」で審査員奨励賞を受賞した。

 ヴェラさんは、02年に大阪外国語大(現大阪大)に留学していた際、現在の徳永製茶3代目で夫の和久さん(41)と知り合った。交際を続け、08年の結婚を機に店で働き始めた。「お客さまに説明できるようにお茶のことを勉強したい」。それまで緑茶に接する機会は少なかったが、現在では日本茶アドバイザーや茶育指導士の資格を取得するほど精通している。

 「カモミールにはリラックス効果がある。国内外の人に知ってほしい」と呼び掛ける。カモミール緑茶は、ティーバッグ6個入りで税込648円。店頭や同店のオンラインストアで購入できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加