バレーボール・Vリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は4日、愛知県の岡崎中央総合公園総合体育館でプレミアカンファレンス1位のデンソーエアリービーズと対戦し、1―3で敗れた。通算成績は10勝10敗で順位は変わらず同カンファレンス4位。

 久光製薬は第1セット、岩坂名奈やファビアナらが8本のブロックポイントを決めるなどして、27―25で先取。しかし、第2セットを23―25で落とすと、第3セットも流れを引き戻せず9連続失点を喫し、9―25で失った。後がない第4セットはリズムを立て直し、ファビアナのブロックや新鍋理沙のスパイクなどで得点を重ねたが、20―25で奪われた。

 久光製薬は5日午後3時から、同体育館でNECレッドロケッツとレギュラーラウンド最終戦を戦う。

 

 ▽女子

デンソー(51)3―1久光製薬(28)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加