内閣総理大臣杯授与第37回若鷲旗剣道大会で準優勝した神埼中女子剣道部=兵庫県姫路市の兵庫県立武道館

 兵庫県で開かれた中学剣道の三大大会の一つ、内閣総理大臣杯授与第37回若鷲旗剣道大会で、女子は神埼市の神埼中が準優勝、佐賀市の三瀬中が3位入賞を果たした。男子はみやき町の北茂安中と神埼中がベスト8に入った。

 夏の日本一を決める全国中学大会(全中)に対し、若鷲旗は冬の日本一を決める大会で、各都道府県の新人戦で上位2位までのチームなどが参加する。今大会は12月25~28日に姫路市の兵庫県立武道館で行われ、全国から男子90校、女子70校の強豪が出場した。

 神埼中女子は第2シードで、初戦の2回戦を快勝、3回戦からは接戦を勝ち抜いて勢いに乗った。準決勝では手の内を知り合う三瀬中を1―0で制した。決勝の日本体育大桜華中(東京都)との対戦は、取られては取り返す接戦が続き、大将の糸山陽香さんが1本勝ちしたが代表戦には一歩届かず、本数負けで涙をのんだ。

 志波哲郎監督は「チーム一丸となり、持っている以上の力を発揮できた。悔しさをバネに、今後の大会につなげてほしい」と期待を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加