準備運動を終え、スタートする参加者たち=佐賀市の県庁前

 毎年恒例の「新春五社参り・走ろう、歩こう会」(佐賀走ろう会、健康増進佐賀市民会議など主催)が1日、佐賀市中心部で開かれた。参加した310人が走ったり歩いたりしながら神社を巡り、爽やかに新年のスタートを切った。

 今年で43回目。走るのは県庁から佐嘉神社、松原神社、八幡神社、護国神社、与賀神社の五社を巡る4キロのコース。歩きは、八幡神社までの三社で県庁に戻る2キロ。日の出前から県庁に集まった参加者たちは「佐賀弁ラジオ体操」などで準備運動をし、それぞれのペースで出発した。

 兵庫県神戸市から、祖父母方がある佐賀市に家族で帰省している高校2年の林優真さんも完走した。陸上部に所属しており「新年早々走りたいと思って参加した。今年は1500メートルでインターハイに出場したい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加