佐賀空港の自衛隊共用を否定した協定の当事者であり、配備候補地の地権者が所属する県有明海漁協。2019年は漁協に対し、県や防衛省が働き掛けを強めた1年だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加