内閣府は17日までに、日本と欧州の4カ国の男女に結婚観などを聞いた2015年度の国際意識調査の結果をまとめた。恋愛について「相手からアプローチがあれば考える」と答えた人が日本では34・9%で「自分からアプローチする」の20・0%を上回り、欧州に比べて受け身の姿勢が強い傾向が浮き彫りになった。