成人式の会場で久しぶりに再会する友人たちに笑顔を見せる新成人たち=2019年1月、佐賀市文化会館

 2020年の佐賀県内の新成人は9047人で、前年より153人増えた。12年連続で1万人を下回ったものの、15年以来5年ぶりに9千人を超えた。

 新成人は1999年4月2日から2000年4月1日生まれで、男性4510人、女性4537人。県が19年11月1日現在の市町の住民票に基づいて集計した。対象になる世代の中学卒業時(14年度)の人数は8977人で、そこから70人増えた。

 市町別では佐賀市が2408人で最も多く、唐津市が1098人、鳥栖市が898人で続いた。最少は東松浦郡玄海町の67人。

 県内の成人式は1月3日の多久市、武雄市、西松浦郡有田町を皮切りに、12日まで県内20市町37会場で開かれる。佐賀、唐津、小城の3市は市町村合併前の旧市町村単位で実施する。

このエントリーをはてなブックマークに追加