商売繁盛や海上安全などを願う「鰤(ぶり)祭(さい)」が31日、佐賀市の佐嘉神社で行われ、最大約1・2メートルの大物ブリなど13匹が奉納された。 「調理の儀」では、佐野安正権宮司が包丁に見立てた竹の矢でブリに切れ目を入れる所作を行った。参列した魚市場や鮮魚店の関係者4人は玉串をささげた。