包丁に見立てた矢でブリに切れ目を入れる「調理の儀」=佐賀市の佐嘉神社

 商売繁盛や海上安全などを願う「鰤(ぶり)祭(さい)」が31日、佐賀市の佐嘉神社で行われ、最大約1・2メートルの大物ブリなど13匹が奉納された。

 「調理の儀」では、佐野安正権宮司が包丁に見立てた竹の矢でブリに切れ目を入れる所作を行った。参列した魚市場や鮮魚店の関係者4人は玉串をささげた。最後に、佐野権宮司が「令和2年が良き年となるように願う」と述べた。

 鰤祭は佐賀藩祖鍋島直茂が朝鮮出兵から伊万里港に帰陣した際に、ブリが船に飛び上がったことを「武威(鰤)が上がった」と縁起が良いとして喜んだことに由来する。

このエントリーをはてなブックマークに追加