訪日外国人客が増える中、タトゥー(入れ墨)をしている人の入浴について、武雄市や嬉野市の温泉地が対応を検討している。嬉野市は東京五輪・パラリンピックのホストタウンに登録、そのほか県内各地で事前キャンプも予定されており、欧米からの観光客の増加も予想される。