鳥栖の金明輝監督=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は31日、金明輝(キン・ミョンヒ)監督(38)と契約を更新したと発表した。金監督は2018、19年ともに、シーズン途中から降格圏に沈むチームの指揮を執り、J1残留に導いた。

 金監督は昨年5月にルイス・カレーラス前監督の退任に伴い、コーチから昇格し2度目の監督に就任。チームは序盤の低迷が響いて残留争いを強いられたが、ハードワークと攻撃力を浸透させて勝ち点を積み上げ、残留を勝ち取った。

 続投が決まったことで、新シーズンは初めて始動からチームを任される。金監督はクラブを通じ、「最高のスタジアムで、最高のサポーターの方々と一緒に勝利を味わう瞬間が今から楽しみです。サガン鳥栖にとって飛躍の一年になるよう、日々を大事にして頑張ります」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加