今年を象徴する漢字に「尖」を挙げた河野防衛相。陸自オスプレイの最終配備地は佐賀空港との考えを改めて示した=東京・市谷の防衛省

 陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画の実現を、木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備から5年以内との目標を明示したことに関し、河野太郎防衛相は27日の閣議後会見で「最終的には佐賀に配備したいと考えており、さまざまな調整を丁寧にやっていきたい」と述べた。今年を象徴する漢字に「尖」を選び、南西諸島防衛に力を入れる姿勢を示した。

 陸自オスプレイを巡って河野氏は、木更津市の渡辺芳邦市長と25日に面会し、暫定配備期間に関し「5年を目標として頑張りたい」と述べていた。渡辺市長はこの発言を受け、暫定配備の受け入れを表明した。

 会見で河野氏は、目標にどのように取り組むのかとの質問に「最終的には水陸機動団との一体運用ということで佐賀に配備させていただきたいと考えている。さまざまな調整をしっかり丁寧にやっていきたい」と答えた。

 今年の漢字を問われると「尖」を挙げた。沖縄県・尖閣諸島周辺で中国公船の動きが活発になっているとして「沖縄、南西諸島の防衛にしっかり取り組む」と強調した。「有事の際に領土領空領海、国民の平和な暮らしを守れる自衛隊であるために大臣自身も『尖とがって』やっていかないといけない」と自身の政治姿勢にも重ねた。

 陸自が導入するオスプレイは、南西諸島の防衛強化を目的にしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加