最初で最後の学童オリンピック大会は、喜びと悔しさが入り交じった。2019年7月、相撲競技の個人戦に出場した小城市の芦刈観瀾(かんらん)校小学部6年の江口心(しん)君(11)は当時、競技を始めて8カ月。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加