■8日文化会館で公演 鳥栖市民劇団が旗揚げしたのは、27年前の1989(平成元)年。初演の「弥生の群像」以来、市の歴史や民話、風俗、人情などを題材に、鳥栖地域の方言「きやぶ弁」で演じている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加