■「野田満」平和の礎にも刻銘 沖縄戦で旧日本軍が観測用の陣地壕(ごう)として使ったとみられる沖縄県西原町内の洞穴から、隊員の遺品とみられる象牙製の印鑑が6日までに見つかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加