小城市の牛津高の生徒たちが、出産前後に亡くなった赤ちゃんに着せるベビー服を作った。流産や死産を経験した県内の女性グループから依頼を受け、約40着を手縫いした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加