九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式を巡り、国土交通省と佐賀県が協議入りに向けて確認作業を進める方針で一致したことを受け、JR九州の青柳俊彦社長は20日、「大きな一歩」と評価した。