唐津市出身で海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ」の艦長、梅崎時彦さん(52)が5日、母校の佐志中で講演した。1、2年生約140人を前に、平和を当たり前と思わず、次世代につなぐ大切さを訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加