2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、オランダのパラリンピック関係者らが9日、バリアフリー観光の受け入れ体制を視察するため嬉野市を訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加