女子ダブルス決勝で韓国ペア(奥)を破り、初優勝を喜ぶ木原(手前左)、長崎組=鄭州(共同)

 女子ダブルス決勝 プレーする木原(手前)、長崎組=鄭州(共同)

 女子ダブルスで初優勝し、大喜びの木原(左)、長崎組=鄭州(共同)

 【鄭州(中国)共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル最終日は15日、中国の鄭州で各種目の決勝が行われ、女子ダブルスは木原美悠、長崎美柚組(エリートアカデミー)が田志希、梁夏銀組(韓国)に3―0で勝ち、初優勝した。

 男子は樊振東、許キン組(中国)が制した。

 シングルスの女子は世界ランキング1位の陳夢(中国)が王曼イク(中国)を4―1で退けて3連覇。男子は樊振東が世界選手権個人戦3連覇中の馬竜(中国)を4―1で破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加