れいわ新選組の舩後靖彦氏

 重い障害のある人の生活を支える障害福祉サービス「重度訪問介護」が就労中は公的補助を受けられない問題を巡り、厚生労働省は15日、就労中や通勤時の障害者をサポートした企業に支払う助成金を拡充する方針を固めた。重い障害のある、れいわ新選組の舩後靖彦参院議員らが、仕事中も公的補助の対象とするよう制度の見直しを求めていたが、障害福祉サービス制度自体の見直しは先送りする。

 厚労省は障害者の社会参画につながるよう、引き続き実態に合った支援策を検討する。

 この助成金は、法定雇用率を下回った民間企業が支払う「納付金」が財源。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加