パリ協定のルール作りの合意先送りを決めたCOP25の全体会合。手前中央はシュミット議長=15日、マドリード(ロイター=共同)

 COP25の全体会合=15日、マドリード(気候変動枠組み条約事務局提供・共同)

 【マドリード共同】スペイン・マドリードで開かれた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は15日、一部積み残されていたパリ協定の実施ルール作りの合意を断念し、来年の次回会合に先送りする決議を採択し、閉幕した。会期を2日延長して徹夜で協議したが対立が解けなかった。

 来年に本格始動するパリ協定では、深刻な地球温暖化を踏まえて史上初めて、全ての参加国が自主的な目標を掲げて温室効果ガス排出削減を進める。ルールの大枠は過去の交渉で決まっており、完成しなくても協定は始動するが、出だしから課題を抱えることになった。来年の会議は11月に英国で開かれる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加