バドミントンのワールドツアー・ファイナル男子シングルスで優勝し、笑顔の桃田賢斗。左は2位のギンティン=15日、中国・広州(共同)

 男子シングルス決勝 インドネシア選手を破って優勝した桃田賢斗=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル最終日は15日、中国の広州で各種目の決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗がアンソニーシニスカ・ギンティン(インドネシア)に逆転勝ちし、4年ぶり2度目の優勝を果たした。今季の国際大会制覇は11度目。

 女子ダブルスは世界選手権2連覇の永原和可那、松本麻佑組が陳清晨、賈一凡組(中国)にストレートで敗れ、初優勝を逃した。男子ダブルスの遠藤大由、渡辺勇大組はムハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)に0―2で敗れ、同種目の日本勢初制覇はならなかった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加