【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは15日、中国広州で決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)がアンソニーシニスカ・ギンティン(インドネシア)に逆転勝ちし、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

このエントリーをはてなブックマークに追加