走りながら防犯活動に取り組む佐賀清和高陸上部と佐賀パトランのメンバー=佐賀市兵庫北の同校近く

走りながら防犯活動に取り組む佐賀清和高陸上部と佐賀パトランのメンバー=佐賀市兵庫北の同校前

 佐賀清和高陸上部が9日、ランニングと防犯活動を兼ねた「パトロールランニング(パトラン)」を体験した。応援してくれる近隣住民に恩返ししようと、走りながらすれ違った人にあいさつした。定期的に実施し、地元との交流を深めていく。

 10月の県高校駅伝では白石に惜敗し、5連覇を逃した。樋渡朋子監督(43)は「全国に行くことで地域に感謝を示していたが、ことしはできない。少しでも地域に貢献したかった」とパトランを始めた理由を語る。

 9日は、佐賀市を中心に活動する「佐賀パトラン」の吉冨敦思代表(43)らが指導役を務めた。「清和♡パトラン」と書いたピンクと黄色の2パターンのビブスを着た部員7人が、同校を発着点にJR佐賀駅を経て神野小前で折り返すなど約1時間走った。笑顔であいさつしたり、路上に落ちているごみを拾ったりした。

 陸上部2年の田中愛夢さんは「地域の人と触れ合えて、こういうのもいいなと思った。走るペースはゆっくりだけど、楽しかった」と笑顔を見せた。今後は部員のみで月1、2回行う予定で、吉冨代表は「次世代を担うランナーたちがボランティア意識を持ってくれるのはうれしい」と目を細めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加