九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式に関し、佐賀県東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長は13日、「個人的にはフル規格の方がいい」と述べ、フル規格に賛意を示した。

 13日の町議会予算特別委員会で、岩下孝嗣議員の質問に答えた。脇山町長は「佐賀は通過県ではあるが、観光やインバウンドの面を考えても、長崎まで真っすぐ通っていた方がいい」と答弁した。ただ「新幹線の負担が増えることで、地方行政に来るべき財源が減るのではないか」と、フル規格化が及ぼす影響への懸念も示し「国とJRと県でしっかりと話し合ってほしい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加