チームの裏話も交えながら、軽やかなトークで会場を盛り上げたサガン鳥栖の豊田陽平選手(右)と高丘陽平選手=モラージュ佐賀

 今シーズンを15位で終えたサッカー・J1サガン鳥栖の豊田陽平(34)、高丘陽平(23)の両選手によるトークショーが12日、佐賀市のモラージュ佐賀で開かれた。豊田選手の軽快なトークに高丘選手が押され気味になる展開で、会場は終始笑顔があふれた。

 トークショーは、話し上手な豊田選手の独壇場となった。ファッションポイントを問われた豊田選手が「みんな大好きなミッキーです。この服を着ていれば好感度上がるでしょう」とアピールすると、大きな笑いが起こった。高丘選手は「トークに入る隙が見当たらない」と大先輩のトーク術に感嘆しきりだった。

 今年5月にJ1デビューし、正GKに定着した高丘選手は「キャリアの中で一番大きな年になった」と振り返り、「来季はもっとチームを引っ張れるよう、頑張ります」と誓った。

 J1通算100得点まであと2ゴールに迫っている豊田選手は「来季の開幕戦で2点取って引退というのも面白いのでは。来季が最後だと思って本気でやる。“最幸”のシーズンになるようにプレーしたい」と力強く語った。

 トークショーが終了し、司会者が「お2人が退場します」と告げると、「レッドカード出てないのに退場なんですか」と豊田選手。プレースタイル同様、最後まで諦めない姿勢で貪欲に笑いをとり続けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加