「お客さんもアルバイトの5人も再開を待ってくれたのがありがたかった」と感謝を語る「縁や」の大園利治代表=佐賀市大財

 細い路地に入る隠れ家的雰囲気と県産食材の料理で人気の和風居酒屋「縁や」(佐賀市大財)は、被災から2カ月以上かかって営業を再開。代表の大園利治さん(44)は「周りのお店は電気がついていく中、もどかしかった」と振り返ります。
 被災当日は店の一帯が腰の高さまでつかり、冷蔵庫が倒れるなど水の力を目の当たりにしました。昨年も大雨で浸水被害に遭いましたが「今年は大工さんの手配や什器(じゅうき)、畳の調達でもっと時間がかかった。再開のめどが立たず、今年は秋がなかった」と深刻ぶりを語ります。
 愛敬町や大財のエリアでは最も遅い方の再開となりましたが、有明のりを使った自慢の「のりパスタ」を求める女性客も戻ってきています。「お客さんも『行ってあげよう』という気になっているのかも。あの2カ月を忘れられるくらいにお客さんと楽しく話して今年を締めくくれたら」と年の瀬を思い描いています。
 住所は佐賀市大財1丁目3‐10。18時~24時。月曜定休。電話0952(28)6131。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加