九州新幹線長崎ルート未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)に関し、自民党九州国会議員の会(衛藤征士郎会長)は、フル規格での早期着工を国土交通省に求める決議文を決議した。

 関係者によると、決議では武雄温泉駅での対面乗り換えを早期に解消するため、速やかに未着工区間をフル規格で整備すること、予算確保や関連する課題解決を進めること―の2点を国交省に求めている。対面乗り換えが長期化すれば、利便性の低下やJR九州の経営悪化を招くとしている。

 10日に都内で開いた「九州国会議員の会大臣就任を祝う会」で決議した。佐賀、長崎両県の議員の中から決議を求める動きがあったという。会を欠席していた佐賀県関係議員もいた。

 出席議員の一人は「予算編成の時期でもあり、フル規格整備に向け国交省に責任を持って取り組むべきだという意思を示した」と話した。与党は、未着工区間の整備方式について「フル規格が適当」との方針を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加