人工知能(AI)を搭載したミニ四駆の体験イベントが14日午前10時から、佐賀市の佐賀大で開かれる。AIで速度を制御し、コースアウトを防ぎつつ最高速度を目指す試みで、研究者による特別講演とデモ走行がある。

 ミニ四駆AIについて研究する「日本知能情報ファジィ学会」の中心的な研究者2人が午前中に特別講演。電気通信大の西野順二助教がミニ四駆AIの将来について、また愛知工業大の矢野良和准教授がAIの搭載方法についてそれぞれ話す。午後2時からの体験会では、会場にコースを設置し、AIマシンのデモ走行を実施する。

 会場は佐賀大理工学部6号館2階の多目的セミナー室。参加無料。問い合わせは同学部の和久屋寛准教授、メールwakuya@cc.saga-u.ac.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加