インターネットの検索サイト「グーグル」に自身の逮捕歴が表示がされるのは、プライバシーの侵害だとして、不起訴になった男性が検索結果の削除を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は12日、男性側の訴えを認め、米グーグルに削除を命じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加