年間MVPを受賞した鳥栖GK高丘陽平選手=鳥栖市民文化会館

プレゼンターの平田邦鷹さん(右から2人目)と由美さん(同3人目)から記念パネルを贈られる鳥栖DF金井貢史選手(右)。左は佐賀新聞社の田中稔営業局長=鳥栖市民文化会館

 シーズン報告会では、佐賀新聞社がサポーター投票をもとに選出する年間MVPの表彰式があり、GK高丘陽平(23)に賞金の目録などが贈られた。

 高丘は今年5月のリーグ戦・大分戦でJ1デビューを果たし、計24試合に出場。正GKとしてゴールマウスを死守し続けた。月間MVPに選ばれたことはなかったが、「ビッグセーブで何度もチームを救ってくれた」など、年間を通しての活躍が評価された。

 受賞について高丘は「監督が信頼して使ってくれた結果。そして、ジルベルトGKコーチらスタッフのサポートのおかげだと思う」と喜びを語った。

 また、11月の月間MVPに選ばれたDF金井貢史(29)の表彰もあり、プレゼンターは佐賀新聞社の田中稔営業局長と応募者の中から抽選で選ばれた基山町の平田由美さん(51)と邦鷹さん(15)親子が務めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加