【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は11日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、主要政策金利を年1・50~1・75%に据え置くことを決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加