【ハーグ、ヤンゴン共同】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は11日、国際司法裁判所で、ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャへのジェノサイド(民族大量虐殺)行為を否定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加