壁面アート制作で協力した大和中の美術部=佐賀市のイオン佐賀大和

壁にハートをペイントする作業に協力した大和中学校美術部

 佐賀市大和町の商業施設イオンモール佐賀大和店は14日、店舗の一角の壁面に来場者が絵を描く参加型のアート企画「みんなのアトリエ」をオープンする。誰でも自由に参加できる。25日まで。

 同店はこの夏、絵画展示と音楽ライブを交えた「枠にとらわれない美術館」を開催した。それに続く形で、店舗の一角を市民に開放する試みになる。子どもたちが落書きするように「描く楽しさを体感して」と呼び掛けている。

 来場者のイメージが湧くように、事前に地元の大和中美術部の約20人が協力した。11月中旬、生徒たちはさまざまな色を使って壁にハートを描いた。2年の小栁歩睦(あゆむ)さんは「壁に描く機会はめったにない。地域のために活躍できたのかな」と笑顔を見せていた。

 プロジェクトには、画家で西九州大短期大学部の牛丸和人教授が加わり「開かれた場で、感性をのびのびと表現できる」と魅力を語る。佐賀市の彫刻家、諸井謙司さんの立体作品も展示する。

 初日はセンターコートで午前11時から午後4時まで、地元の音楽グループなどのライブがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加