【マドリード共同】小泉進次郎環境相は演説で、国際的に厳しい目が注がれる石炭火力発電について「世界的な批判は認識している」と述べたが、日本として「脱石炭」に踏み出すことは表明しなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加