大企業の本社ビルなどが立ち並ぶ東京駅前=2017年

 財務省と内閣府が11日発表した10~12月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がマイナス6・2だった。2四半期ぶりに「下降」が「上昇」を上回り、マイナス7・9だった2016年4~6月期以来、3年6カ月ぶりの低水準。中国経済減速による輸出の落ち込みに加え、10月の消費税増税を受けた小売業などでの販売減が響き、企業心理が悪化した。

 消費税率が5%から8%に上がった直後の14年4~6月期に記録したマイナス14・6よりは高かった。財務省は「前回ほど増税の影響は出ていない」との見方を示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加