暴走行為の禁止を呼び掛けるチラシなどを配る参加者と佐賀新聞社のキャラクター「ぺーぱくん」=佐賀市のJR佐賀駅周辺

 暴走行為の禁止を呼び掛ける街頭キャンペーンが6日、佐賀市のJR佐賀駅周辺で開かれた。佐賀新聞社のマスコットキャラクター「ぺーぱくん」も登場し、啓発チラシなどを配った。

 人の行き来が多くなる年末年始にバイクでの暴走などが見られることから、佐賀市暴走族追放審議会(小城原直会長)と同市生活安全推進協議会(山下宗利会長)が開いている。メンバー約40人とマスコットキャラクター5体が参加。「暴走をしない・させない・見に行かない」と書かれたチラシなど約800部を手渡した。

 暴走族追放審議会の小城原会長(76)は「安心安全なまちづくりを呼び掛けている。地域の方も『おかしい』と感じたら、専門機関に情報を伝えて」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加